和柄フリー素材、和風フリー画像が
【日本最大級、毎週更新全て無料!!】のワーゴパターン

『刀剣乱舞』に見る和柄~五虎退~

『僕があの、五虎退です。

謙信公へのお土産です。

その時、なんというか、調子のいいお話がつけられて、僕、虎をいろいろやっつけたことになったんですけど。

ぐす。

ほんとはただの短刀でぇ・・・ぐす。』

主様は・・・怒らないから、好きです。

2015y01m25d_201851198

『刀剣乱舞』に登場する男士は皆刀剣。種類もさまざまです。 なので刀剣男士たちの体格にも刀剣の特徴があらわれるということなのです…が!

彼、五虎退君は『短刀』。 ごらんのとおり『少年』です。

 

頭に載せているのは白い虎くん。足元にはさらに4頭も戯れています。

五虎退(五虎退吉光とも呼ばれています)は、鎌倉時代中期に活躍した刀工粟田口吉光により作られたと言われる短刀

上杉謙信が上洛したときに正親として町天皇から拝領されました。それ以来上杉家に伝来していきます。しかしその後、明治天皇に献上されることになってしまいます。

足利義満の役人が遣明使として明に向かった際に、なんと 5頭もの虎に襲われたものの、この短刀で追い払った! といういわれがあり、虎退言う名前の由来になっているそうです。

短刀一本で虎を5頭も?!?!・・・本当に??? なんて言ったら 『……しりぞけてないです。すみません。だって、虎がかわいそうなんで』 などとおそらく泣き出してしまうでしょうね。

それでは今回も『刀剣乱舞』を通して和柄の世界を紐解いて参りましょう!

其の一

豆絞り模様

gogotaiannyo

まったくもって戦が不似合いな五虎退君ですが、彼も刀剣男士。 『鞘』だってしっかり身に着けています。

今でこそ可愛らしいイメージの水玉模様ですが、日本に浸透したのは江戸時代頃。 円を大きさ配置をランダムに描いた西洋式のモダンな水玉模様が安土,桃山時代 に入ってきたことがきっかけ。

江戸時代にかけて『鮫小紋などのきめの細かい点描状のものが生まれ、その後目は荒くとも秩序よく配置された『豆絞り』という柄が誕生します 。

定番はてぬぐい。豆を均等に並べたかのように染め上げられているものが最も有名です。

以前三日月宗近の項で波(流水)千鳥模様を紹介した通り、てにぐいに描かれた模様にも様々な柄や意味合いがありますが、この豆絞りの柄にも意味が込められています。

事実納豆など豆を加工するのにてぬぐいを用いていますが、それとは別にこの模様の豆が一粒一粒連なっている様から『子孫繁栄』を表していたのです。 子孫繁栄…五虎退にはたくさんの兄弟がいますよね? それもそのはず。粟田口吉光が短刀作りの名手でしたもので、そのほとんどが短刀。 兄弟が大勢で賑やかなのは良いけれど、そのお陰で偽者も多く出回ったそう。…五虎退たち粟田口の短刀たちにとって『子孫繁栄』という豆絞り文様がちょっとした皮肉っぽく感じられて少々おかしいですよね!

20150123180348yCF6LCq7 『な、なんと言えばいいんでしょうか…困りますよね。』

iks-041dpu_2WE010110_02_Pink_1024

【絞り豆文様のダウンロードはこちらhttp://japanese-pattern.info/?p=18526

© wargo pattern, all rights reserved

和柄おすすめ書箱

recruit designer