和柄フリー素材、和風フリー画像が
【日本最大級、毎週更新全て無料!!】のワーゴパターン

和柄のお話~唐草文様~

皆様こんにちは(,,Ծ‸Ծ,, )…今週の和柄のお話、私たち日本人にも特に馴染みの深い柄のお話です! その生い立ちや家計図を紐解いてしまいましょう♪

WE020243_03_1024

日本でも古くから存在する葉や茎、蔓植物が伸びたり絡んだりした形を図案化した植物文様…

’’唐草模様唐草文)”

(英語ではFoliage scroll(work) ドイツ語でLaubwerk  フランス語でRinceauxまた中国語では 蔓草文と呼ばれています。)

複数の曲線や渦巻き模様を組み合わせることで、蔓(つる)が絡み合う様子を描いています。写実的なもの、図形的(左右対称の渦巻き模様などに簡略化)に描いたものなど多種多様の唐草模様があります。

その歴史はかなり古いもので、ギリシャ神殿などの遺跡に見られるアカイア式円柱に施された草の文様が唐草文様の原型とされているほどなのです!

メソポタミアやエジプトから各地に伝播したと考えられていて、日本には中国からシルクロードを経由し、伝わったとされています。(唐草という言葉は『中国伝来の植物文様』と翻訳されるとのこと)

異国のモチーフではスイカズラ(忍冬、にんどう)を図案化した忍冬唐草(にんどうからくさ)や、葡萄を描いた葡萄唐草、またギリシャの壷絵に見られるパルメット意匠を用いたものも存在します。

イスラムでは食器や陶板など釉薬でデザインに描かれたり、建築美術でもモスクの天井、壁面の装飾などによく用いられます。因みに『アラベスク』という言葉は、狭義では唐草文系の意匠を意味ですが広義では、文字系や幾何学系も含みます!

また唐、朝鮮からもたらされた仏教美術の透かし彫りなどにもある蓮や牡丹更には宝相華(ほうそうげ、想像上の花)を唐草と合わせた、蓮華唐草や牡丹唐草、宝相華唐草があります。

そして蔦をかたどるものは、蔦花文様(ちょうかもんよう)、蔦蔓文様(つたかずらもんよう)などとも呼ばれています。

yun_5243

からくさ模様の風呂敷のお話

日本では奈良時代に渡来した様式から、次第に和様式となったものが好まれるようになり有職文様に用いられました中世を節に、桐や藤、松竹梅など身近な種類の植物にうってかわるようになり、染織、織物、蒔絵などにも施されるようになりました。名物裂(めいぶつぎれ)にも、金蘭唐草文などの例があるほどです。

現在でこそ『唐草模様』として認識されることが多いのですが緑地に白の唐草模様がある風呂敷として最も有名で、獅子舞の被り物などとして日本人には大変馴染み深いものです。更にはの漫画や漫才中では『泥棒の小道具としてのデフォルメ傾向にあり、葉に当たる部分などは簡略化されています。

middle_1381315093蔓草という植物のもつ生命力を発展に結び付け、一種の吉祥文様として日用品などに使用されることが多い模様なのです♪

実は波千鳥などに次いで、大変縁起の良い人気の柄『唐草文様』…やはり私たちも風呂敷と言えばこの柄を思い浮かべますよね♪

本当はエキゾチックで優雅な模様だったなんて驚きが隠せません! それだけ親しみのある柄として定着していたのでしょうね。

【wargo patternの唐草文様はこちら⇒

img_1 (1)

© wargo pattern, all rights reserved

和柄おすすめ書箱

recruit designer