和柄フリー素材、和風フリー画像が
【日本最大級、毎週更新全て無料!!】のワーゴパターン

和柄の種類-七宝文様と仏教

七宝文様

七宝文様と仏教

和柄を代表する文様として有名な七宝(しっぽう、しちほう)は、焼き物としても有名ですが、語源は仏教における7種類の宝物の事を指しています。焼き物としてい有名な七宝焼きも、同じくこの七宝よりその名前を得ています。

仏説阿弥陀経では

楼閣あり、また金(こん)・銀(ごん)・瑠璃(るり)・玻瓈(はり)・硨磲(しゃこ)・赤珠(しゃくしゅ)・碼碯(めのう)をもってこれを厳飾(ごんじき)せり

という一節が出てきます。ここに出てくる7つを指して七宝と呼んでいます。今で言えば金・銀・ラピスラズリ・水晶・白珊瑚・赤珊瑚・エメラルドであると考えられています。

七宝模様は単純に円を四分の一ずつ重ねたものの繰り返しで、輪違いと呼ばれている模様の一つです。輪違いの種類は様々で、全てが重なっていないものや、3角見が重なっているものもあります。その中で、4つの円がピッタリと重なっているものを特に七宝模様と呼んでいます。

さて、焼き物の名前が経典の七宝から取られたことはほぼ間違いないですが、この七宝模様との関連性は今のところよく分かっていません。しかし、親しみやすく、洋の東西・古今を問わず人の目を楽しませるこの模様は、まさに現代においても七宝と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。

七宝模様の和柄ダウンロードはこちら

© wargo pattern, all rights reserved

和柄おすすめ書箱

recruit designer