和柄フリー素材、和風フリー画像が
【日本最大級、毎週更新全て無料!!】のワーゴパターン

和柄の種類-椿など花文様

椿模様

椿模様

椿は日本で大変歴史の古い花で、日本書紀にも登場します。特に公家や僧侶など位の高い人々しか手にすることができなかったことから、大変高貴な花としても考えられてきました。青々とした艶やかな葉で長く冷たい冬を乗り越え、早春に見事な赤く凛とした花を咲かせることから、生命力にあふれ温かな春を表す文様として古くから用いられてきました。その生き生きとした姿から「子孫繁栄」や「厄除け」などの意味も持っていたと伝えられています。また、椿の葉や灰、油などは人々の生活の中で広く活用され、日本人にとって大変身近な植物であったともいえるでしょう。花がポトリと落ちてしまう姿は一見不吉に思われるかもしれませんが、花の凛々しさと潔さを一層引き立てているといえます。

椿模様の和柄ダウンロードはこちら

桔梗模様

桔梗模様

桔梗は万葉の時代から詩歌に詠われ愛されてきた秋草です。日本の野山に自生し八月九月頃花開く紫碧色の五裂の可憐な花姿を好む人は多く、山上憶良の詠んだ秋の七草の歌の朝顔の花は桔梗とも木槿とも言われております、どちらも朝早く開花し夕方までにはしぼんでしまう花なので、どちらも朝顔と呼ばれていたもようですが、平安時代には「宇津保物語」や「源氏物語」に画かれいてるみられるように、朝顔ではなくなって桔梗として好まれて愛されていたようです。秋草は平安の女性が美さの対象としていたことがうかがわれます。その秋草の代表として好まれて愛されてきた桔梗は衣裳や道具・陶磁器などの文様に好んで使われてきました。螺鈿蒔絵など美術工芸に見られる繊細で優美なその姿は“もののあわれ”を感じさせます。

桔梗模様の和柄ダウンロードはこちら

あやめ模様

あやめ模様

「あやめ」には、花弁に網目のような紋様があり、紋様の網目の模様から「あやめ」になったという説や、葉の筋が文目(あやめ)模様だったなどという説もありますが、「かきつばた」には、網目の模様は全くなく、花びらの付け根一筋の線が入っています。この花の汁で布を染めたところから「書付花(かきつけばな)」が「かきつばた」に変化したとものです。もう一つ梅雨時期に咲く「花しょうぶ」も似ています。「花しょうぶ」の、花びらの付け根が黄色く色づいているのが特徴で、観賞用として江戸後期から盛んに改良が行われ、現在も種類を楽しむことができます。五月五日の端午の節句に入る菖蒲湯のもありますが、この「しょうぶ」と「花しょうぶ」はまったく別のものです。「菖蒲」はサトイモ科の薬草で、花も素朴。古くから、その匂いが邪気を払い疫病を除くといわれてので、五月五日の端午の節句に菖蒲湯に入る風習があります。また武道・武勇という意味の尚武にかけて、江戸時代より、かぶとを飾ったり、「花しょうぶ」は“葉が菖蒲に似ている”から「花菖蒲」と呼ばれて居ります。

あやめ模様の和柄ダウンロードはこちら

楓模様

楓模様のひとつ、紅い楓が紅葉を表わす代表として定着したのは平安時代の頃で、秋の風物としての楓が描かれた調度品や織物が作られるようになりました。時代が進み鎌倉時代になると、鹿と楓を組み合わせた「楓鹿文様」も見受けられるようになり、深まる秋の物悲しさや侘しさが表現されるようになりました。さらに江戸時代になると、楓文様は様々なバリエーションを持つようになります。楓単体では秋の紅葉としての印象しか表わし得ませんでしたが、桜と組み合わせて図案化することで「桜楓文様」という伝統的な模様が確立され、この文様が着物に取り入れられたことにより、季節を問わず着用することが可能になりました。またこれは「春秋模様」とも呼ばれ、様々な色の挿し方の創意工夫により、現代に至っても季節全体の移ろい・変化を楽しめる図案として重宝されています。

© wargo pattern, all rights reserved

和柄おすすめ書箱

recruit designer