和柄フリー素材、和風フリー画像が
【日本最大級、毎週更新全て無料!!】のワーゴパターン

和柄の種類-立涌文など抽象文様

立涌文

立涌文

立湧文(たてわくもん)は立枠文(たちわきもん)とも呼ばれその模様は波の様に描かれた美しい線とその線によってできた空間をを埋めるように描かれてる雲、藤、梅の柄によって表現されています。雲立涌、藤立涌、梅立涌と着物に描かれている模様によって名前が変化し遥か平安時代では貴族の間で用いられ、現代でもその華やかな柄から晴着や帯として利用されています。立涌文には上記で紹介した柄以外にも様々な模様があり、その中から自分好みのものを探す楽しみもあります。また着物としてだけではなく、のれんや屏風など広く利用され波模様の間を使って描かれる模様によって華やかなものから落ち着きのあるものまで幅広く表現され古くから現代にいたるまで万人に愛され続けています。

立涌文の和柄ダウンロードはこちら

矢絣

立涌文

矢絣(やがすり)模様は破魔矢などの矢羽を模して作られた模様のことで、赤色や紫色の着物に白の矢羽模様が良く映えます。破魔矢などの矢羽を模していることから魔除けのしての意味があり、また射った矢は戻ってこないことから結婚の際に持たせると戻ってこないと縁起柄としてもよく知られています。明治・大正時代から流行し始め、縁起柄ゆえに卒業式にも着られ他の模様とともに人気の高い模様の一つです。矢絣の落ち着いた美しい柄から作られる着物や巾着袋、小物入れからは古式ゆかしい日本人女性を彷彿とさせ日本人には馴染み深い模様であるとともに飽きのこない、そして古臭さを感じさせることのない模様が昔と変わらず老若男女から支持されています。中でも矢絣の着物で紫色の物は、時代劇、歌舞伎の腰元の衣装として頻繁に使われています。そのため、小紋などでも矢羽模様が使用されるようになり、矢羽模様を「矢絣」と言うようになったのです。矢絣のお召と海老茶色の袴を組み合わせた衣装が、明治・大正時代に女学生の間で流行し、「海老茶式部」と言われたのです。今日では、大学の卒業式の時に、袴に合わせる着物柄として好まれています。着物に使用される場合、矢の向きが二列ごとに逆方向に向かっているものが多く見られます。

矢絣の和柄ダウンロードはこちら

分銅繋ぎ

分銅繋ぎ

分銅繋ぎは吉祥や招福を願った宝尽くし文様の一つで、分銅を縦横に並べたような特徴のある和文様です。分銅はその昔、両替商が金銀を量るために使用していた器具で、分銅自体が金銀に関わるものとして大変縁起が良いとされてきました。分銅は鉄や真鍮、銅などで作られることが一般的でしたが、中には分銅そのものを金銀で作り、富の象徴として蓄財していた権力者もいて、そのことからも縁起物として重宝されるようになったと言われています。また、真ん中がくびれた左右対称のその幾何学的なデザインは、そのバランスの美しさから和文様や家紋などにも好んで使われてきました。縁起の良さとデザインの美しさを兼ね備えた分銅繋ぎは風呂敷や手ぬぐいなどの和雑貨に用いられることが多く、刺し子などの伝統的技法で今に伝えられています。

分銅繋ぎの和柄ダウンロードはこちら

青海波

青海波

「青海波(せいがいは)」の呼び名の由来は、舞楽の舞台で使用された衣装の文様からそう呼ばれています。青という文字が含まれていますが、実際には赤や緑など様々な色が用いられる柄です。扇が幾重にも重なるように描かれた文様は、生命に溢れた穏やかな海がどこまでも続いていくように、平穏な日々が無事に続いていきますようにという願いをこめた吉祥文様だと言われています。また、重ねられた扇自体には末広がりという意味が含まれており、未来の展望が明るく開けているという意味も持っています。古来より、日本では海を大変神聖なものとして取り扱ってきました。禊などに表される清めの力を持つことから、厄除けとしての役割も持っていると言えるでしょう。

青海波の和柄ダウンロードはこちら

七宝模様

七宝模様

七宝文様、宝尽くし(たからづくし)文様とも呼ばれるこの文様は、その名の通り宝物を集めちりばめた文様です。 その七宝とは、如意宝珠(想いのままに願いがかなう宝の珠)、隠れ蓑または隠れ笠(災難から隠れて身を守る蓑、または笠)、打ちでの小槌(打つことで宝が出てくる小槌)、巾着(宝物を入れておく)、土蔵の鍵(貴重品を災害や盗難から守る)、分銅(金を量るのに使う)、丁子(仏宝)、宝剣(知恵を表す)、法螺(怨敵退散)、花輪違いなどです。吉祥文様の一つとして、福徳を招くおめでたい模様として晴れ着や、祝儀の席での着物や帯によく用いられます。元は宝物を集めた中国の文様ということですが、その数や模様は日本風にアレンジされて現代に至っています。

七宝模様の和柄ダウンロードはこちら

亀甲紋

亀甲紋

亀甲紋の六角形文様は亀甲羅の模様に由来する形です。古くより「亀は万年」と言われる長寿の象徴や海の化身と考えられ、瑞獣としてめでたものとされ、更に、方位を守る四神の霊獣で、北方を守るのが霊亀の「玄武」といわれています。又、亀甲模様は飛鳥時代にはすでに登場し、平安時代には調度品などに亀甲模様を描く事が流行したといいます。霊獣、瑞獣ということもあり、その亀の形をモチーフにした亀甲紋は、出雲大社の「亀甲に剣花菱」や厳島神社の「三つ盛亀甲に花剣菱」、香取神宮の「亀甲に花菱」など、多くの神社の神紋のモチーフともなっています。武家でも家紋に亀甲の紋を用いた武将は多く、浅井氏の「三つ盛亀甲」などが知られています。そのデザインは六角形の中に文字や装飾を施したものが多いのですが、珍しい形としては3つの六角形を並べた「三つ盛り亀甲に七曜」や「丸の内に七つ亀甲」などというものもあります。又、醤油で知られるキッコーマンの創業者は香取神宮の氏子であり、香取の神紋の亀甲に萬の字を入れ屋号としています。

亀甲紋の和柄ダウンロードはこちら

© wargo pattern, all rights reserved

和柄おすすめ書箱

recruit designer