和柄フリー素材、和風フリー画像が
【日本最大級、毎週更新全て無料!!】のワーゴパターン

当サイトについて

JAPANESE CLUTURE TO THE WORLD

和柄で楽しむ、日本の文化

和柄とは、日本で古くから装飾目的で使われている図柄の総称です。和テイストが流行の昨今、普段の装いに気軽に取り入れられる和柄Tシャツやアクセサリーが人気を呼んでいます。

古くは飛鳥・奈良時代にまで遡るとされる和柄は、もとをたどれば中国から渡来したものですが、日本の風土や精神性を反映しながら独自の進化を遂げてきました。

日本人には馴染み深く、1アイテム加えるだけでカジュアルスタイルを個性的にしてくれる和柄。その種類や意味を知ることで、お洒落もさらに楽しくなります。

現在、私たちが親しむ和柄の多くは、江戸時代に完成したものです。鎖国政策により海外との貿易を遮断した江戸時代は、日本独自の文化が花開いた時代。特に庶民が多くの文化を生み出した時代でもあります。

実用性とデザイン性を兼ね備えた庶民の着物の模様は古びることがありません。例えば浮世絵などによく見られる縞や小紋など江戸のきものの定番柄は、織りを生かして木綿や麻など天然の素材に映えます。使い込むことで新たな風合いを増すので、日常使いに最適です。こうした生活に根付いたデザイン性が、現在も和柄が愛される理由なのかもしれません。

和柄の種類あれこれ

着物には「織り」と「染め」の2種類があり、和柄もまずはこの2つに大別できます。織りとは、あらかじめ染められた糸を織ったもの。縦横で違う色の糸を使い、縞や格子を描いたものが代表格です。染めは、織り上げられた白の布地に染色したり、柄を描いたりしたもの。自然物など細かなものを描くことができます。いずれも織物の技術が発達した江戸時代に様々な技法が生み出されました。

和柄の数は数え切れないほどありますが、代表的な種類を紹介します。ここでは美術・工芸における模様の様式を「文様」、使用法の固定した家紋などを「紋様」。文様、紋様を含む広い意味での図形や図案、色の組み合わせを「模様」とします。

●和柄の種類

割付文様 直線、点などで構成される幾何学的な文様。幾何学文様。鱗、麻の葉など。
縞文様 縦じまで表現される文様。棒縞文様、吉原繋ぎなど。
具象文様 植物、動物、自然などを写実的に表現した文様。
抽象文様 自然のモチーフを抽象的に表現した文様。青海波、毛卍文など。
役者文様 江戸のファッションリーダーであった歌舞伎役者たちが、トレードマークとして使用した文様。佐野川市松が愛用した市松文様、三代目・尾上菊五郎が考案した菊五郎格子など。
光琳模様 尾形光琳の画風を真似た紋様。自然のモチーフを単純化したものが主。千鳥、光琳梅、光琳梅鉢など。

和柄の意味

和柄には意味づけされたものがたくさんあります。長寿を願う鶴亀、おめでたい松竹梅など、日本人なら「縁起が良い」と感じる模様の多くは、古くから「吉祥文様」として伝わってきたものです。

飛鳥・奈良時代に中国から渡来した染織の仏具や服飾品は、平安時代に貴族たちの生活に合わせて和様化します。古いものは亀甲や鳳凰など中国の影響を色濃く感じさせますが、平安以降に多く使われた松竹梅、宝尽くしなどは和の印象を受けます。風呂敷などでおなじみの唐草文様も、長寿と繁栄を意味するつる草を図案化した吉祥文様です。

染織技術が発達した江戸時代には、庶民の着物にも柄が描かれるようになります。日常使いの和柄にも、様々な意味が託されました。

例えば温泉地の浴衣や手ぬぐいでおなじみの「吉原繋ぎ」は、吉原の手引き茶屋の暖簾に使われた柄です。別名「廓繋ぎ」とも呼ばれるこの鎖の連続文様は、遊郭に繋がれて出られないことを暗示しているとも言われます。

暗号のような判じ物、謎染めも流行しました。鎌の絵と○に入った「ぬ」の字で「かまわぬ」、「斧(よき)」「琴」「菊」を合わせて「よき事聞く」など、意味当てクイズのような楽しさがあります。

和柄エンブレム・家紋の楽しみ

家紋は家系や地位を示すために用いられた紋章です。平安貴族が牛車や手回り品に家の印としてつけたのが始まりとされます。鎌倉時代には戦場で敵味方を識別のための旗などに使われました。江戸に入ると苗字を持たない庶民は、家紋で個人を識別するようになります。文字を解さない人でも分かる家紋は重宝され、多くのデザインが生み出されました。動植物や日用品などあらゆるものがモチーフとなり、その数は2万にも上るといわれます。

世界に類を見ない日本の多彩な家紋文化。フランス高級ブランドの定番柄であるモノグラムも、日本の家紋の影響だという説もあります。

家紋はもともと家柄などを示す紋章ですが、現在ではアクセサリーのモチーフになったり刺青の柄になったりと、ロゴマークのように使われています。

「自分の家と関係のない家紋を着けていいの?」と疑問もあるようですが、家紋は江戸時代に庶民の手に渡って以来、天皇家の菊や徳川の葵を除き、比較的自由に決められたもの。家柄や身分といった概念そのものが希薄になった現在では、正式な和装は例外として、優れたデザインとして自由に使われるようになりました。

家紋を含む和柄は、歴史の中で意味合いを変えながらもずっと愛されてきました。洋装に取り入れられるようになった現在も、和柄は進化の途中といえるのです。

© wargo pattern, all rights reserved

和柄おすすめ書箱

recruit designer