和柄フリー素材、和風フリー画像が
【日本最大級、毎週更新全て無料!!】のワーゴパターン

年賀状の歴史

年末年始や新年の到来を祝う行事は世界各地に見られますが、年賀状を送りあう風習は主に日本でみられるものです。

元々日本には、年が明けると前年お世話になった方々の家に挨拶回りをする慣習がありました。奈良時代か、そのもっと前にまでさかのぼるといわれているこのならわしは、平安時代に入ると、遠方で直接出向けない方へは書面で挨拶を送って代用するようになります。

当初は識字率の問題もあり、文章での挨拶は公家や貴族だけの風習でした。しかし時代が下るにつれ武士や商人にも広まってゆき、明治時代にはいると一般の人々の間でも新年の挨拶状が交わされるようになりました。 明治6年、郵便はがきが発売されてからは、それまで書状(手紙)で送っていた挨拶状は、安く送れるはがきにとってかわられます。そして戦後「息災を知らせるため、また明るい気持ちになってもらうため、多くの人が年賀状を送りあって欲しい」としてお年玉つき年賀はがきが販売され、今日見られる年賀はがきの形式はここで完成しました。

最近では電話や電子メール、SNSで年始の挨拶をすることも増えているようです。だからといってこの風習が廃れてしまった、というわけではありません。年明けの携帯回線の混雑は今やちょっとした風物詩にすらなっています。 年賀状は時代に合わせ、形をかえながらも続けられてきた、年の節目を祝う日本文化のひとつなのです。

さて、年賀状には新年を迎えた喜びをあらわす干支や縁起物のイラストが描かれることが多いようです。絵葉書そのものは早い段階から用いられていましたが、思い思いのイラストや写真を印刷するようになったのはいつごろからだったのでしょう。

こちらの歴史は意外にも短く、1970年代に入ってからでした。これは印刷技術の向上による変化と考えられます。同様に、2000年代以降は自宅のプリンターで年賀状を印刷することが増えました。こういった変化に思い当たる方は多いのではないでしょうか?

年賀状はその時の技術や世相を反映しています。逆にみると、年賀状の変節を追うことでその時期の様子をうかがい知ることができるのです。

たとえば、戦後混乱期のはがきをみてみると、裏も表も文字がびっしりと書き連ねられています。物資不足と困窮の中で、互いの安否を伝え合おうとしていたことが読み取れます。新年を祝う文面こそほとんど見られませんが、現況を伝えるという意味ではまさしく年賀状と同様に機能していたと言えます。

忙しい年末に準備するということもあって、いざ書こうという段になると機械的な作業にもなりがちな年賀状。けれど年に一度の折角の機会、賀詞に一言メッセージを添えて送ってみてはいかがでしょうか?送る側にも受け取る側にも年始の慶びをいっそう感じさせてくれるものとなるに違いありません。

© wargo pattern, all rights reserved

和柄おすすめ書箱

recruit designer